トップページ > お知らせ > 令和元年度高齢者肺炎球菌予防接種を実施します

お知らせ

 

令和元年度高齢者肺炎球菌予防接種を実施します

[更新日:2019年5月7日]

 

令和元年度高齢者肺炎球菌予防接種の実施について(定期接種)

 射水市では、肺炎球菌に起因する肺炎の発症及び重症化を防ぐことを目的に、令和元年度高齢者肺炎球菌予防接種を実施します。対象者の方には、4月下旬にハガキでご案内しました。接種を希望される方は、指定医療機関に予約し、予防接種を受けてください。

 ※ 定期接種とは、予防接種費用の一部を公費で負担する予防接種です。
 

実施期間

 令和元年5月7日(火)から令和2年3月31日(火)まで
 (2019年5月7日(火)から2020年3月31日(火)まで)

 

対象者(本市に住民登録のある方で次の要件に該当する方)

⑴令和元年度に下記の年齢となられる方   

・ 65歳     (昭和29年4月2日生まれ〜昭和30年4月1日生まれの方)   
・ 70歳     (昭和24年4月2日生まれ〜昭和25年4月1日生まれの方)   
・ 75歳     (昭和19年4月2日生まれ〜昭和20年4月1日生まれの方)   
・ 80歳     (昭和14年4月2日生まれ〜昭和15年4月1日生まれの方)   
・ 85歳     (昭和 9年4月2日生まれ〜昭和10年4月1日生まれの方)   
・ 90歳     (昭和 4年4月2日生まれ〜昭和 5年4月1日生まれの方)   
・ 95歳     (大正13年4月2日生まれ〜大正14年4月1日生まれの方)   
・ 100歳以上 (大正 9年4月1日以前生まれの方)

⑵60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓若しくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に重度の障害を有する方

※ ただし、⑴、⑵の方で過去に23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン(ニューモバックスNP)を接種したことのある方は定期接種の対象外です。医師と相談の上、全額自己負担で接種することは可能です。) 

 

接種対象者への案内

令和元年度中に65歳になる方には、初めて案内を送付します。

令和元年度中に70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、及び100歳以上になる方
予防接種法の改正により、平成26年度対象の定期接種未接種の方に、接種の機会を引き続き提供するため、再度案内を送付しています。

 

接種場所

 指定医療機関(PDFファイル)
 

接種回数

 23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチンを、1回接種します。
 

定期予防接種費用 

 自己負担額 2,600円   
 

高齢者肺炎球菌感染症予防接種の副反応

 過去に多価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチンを接種された方に、注射部位の疼痛、紅斑、硬結等の副反応が、初回接種よりも強く現れるという報告があります。再接種を回避するために、接種歴を十分確認してください。

・接種を希望される方は、こちらをご確認ください。 → 「高齢者肺炎球菌説明書」(PDFファイル)
 

その他

・予防接種は、体調の良い日に受けましょう。

上記対象者で予防接種券を紛失された方は、下記までお問合せください。
 

関連リンク等

厚生労働省ホームページ(予防接種)高齢者肺炎球菌ワクチン定期接種Q&A

 

お問い合わせ

福祉保健部 保健センター
所在地 〒939-0241  富山県射水市中村38番地
TEL 0766-52-7070
FAX 0766-52-7071
MAIL hoken@city.imizu.lg.jp