トップページ > お知らせ > 平成24年度から適用される固定資産税の税制改正

お知らせ

 

平成24年度から適用される固定資産税の税制改正

[更新日:2012年4月27日]

 固定資産税の土地について、地域や個々の土地で生じる税負担の格差(同じ評価額の土地でも、税額が異なる状況)を解消し、税負担の水準を均衡化するための調整(負担調整措置)を行っています。
 これは、平成6年度から、宅地の評価額は地価公示価格等の7割となり、評価額が急激に上昇した場合でも、税負担の上昇をゆるやかにするための措置です。
 この措置により近年全国的にも負担調整措置が進むことで毎年税負担が上昇する土地はほとんど解消されました。平成23年度における射水市は、評価額は同じでも、税負担が前年と同じ土地と税負担の上限に到達した土地があることによる格差がある状況です。【下図H23参照負担水準100%の土地と負担水準80%〜100%の据置ゾーンの土地との税負担の格差】
 今回、地方税法が改正されたことに伴い、経過的措置を設けた上で、住宅用地に係る税負担の据置措置が廃止されます
 負担調整措置は、平成23年度までは負担水準が80%以上の住宅用地について税負担を前年と同じ額に据置ていましたが、平成24年度、平成25年度においては、負担水準90%以上の住宅用地について据置、平成26年度に廃止することとなります。
 この改正に伴い、これまでは税の負担が前年度と同額であった土地が、平成24年度からは税の負担が増える場合があります。
 
 
税制改正
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

お問い合わせ

課税課 資産税係
所在地 〒939-0294 富山県射水市新開発410番地1
TEL 0766-51-6619
FAX 0766-51-6651
MAIL kazei@city.imizu.lg.jp