トップページ > 行政Q&A > 原付バイク(ナンバープレート)が盗難されたとき

行政Q&A

 

原付バイク(ナンバープレート)が盗難されたとき

カテゴリ 税金   掲載日 2016年12月28日

ご質問 原付バイク(ナンバープレート)が盗難にあってしまったのですが、手続きはどのようにしたらよいのでしょうか。
回答 原付バイク(ナンバープレート)が盗難にあった場合は、まず最寄りの警察署又は交番、派出所に届け出てください。
その際に「盗難届受理番号」「届出警察署名」「届出日」「被害日」の控えを取り、所有者の印鑑を持参して、課税課市民税係で廃車の手続をしてください。
手続きをされないままでいると、盗難後も軽自動車税が課税されることになります。
なお、盗難にあった原付バイクが発見され再度使用される場合は、廃車手続きの際に交付された廃車証明書と認め印、ナンバープレートがある場合にはナンバープレートを持って、あらためて登録の手続きをしてください。
(以前のナンバーとは異なるナンバープレートが交付されます。)

お問い合わせ

財務管理部 課税課
所在地 〒939-0294 射水市新開発410番地1
TEL 0766-51-6618/0766-51-6619
FAX 0766-51-6651
MAIL kazei@city.imizu.lg.jp