トップページ > 行政Q&A > 石黒信由の「高樹文庫(こうじゅぶんこ)」とは何ですか。

行政Q&A

 

石黒信由の「高樹文庫(こうじゅぶんこ)」とは何ですか。

カテゴリ 芸術文化   掲載日 2011年6月30日

ご質問 石黒信由の「高樹文庫(こうじゅぶんこ)」とは何ですか。
回答  高樹文庫とは、江戸時代後期、射水郡高木村(現射水市)に生まれた和算家・測量家、石黒信由(いしくろのぶよし)〔宝暦10年(1760)〜天保7年(1836)〕とその子孫、信易・信之・信基の四代にわたる和算・天文暦学・測量術・絵図作製に関する資料12,000点のことです。
このうちの3,765点が国の重要文化財に指定います。
 これらの資料は財団法人高樹会が所蔵し、射水市新湊博物館に収蔵され、常設展示やさまざまな企画展示を行っています。

(※信由が高木村に生まれたことから、「高樹」の名をとっています)

お問い合わせ

新湊博物館
所在地 〒934-0049 富山県射水市鏡宮299番地
TEL 0766-83-0800
FAX 0766-83-0802
MAIL hakubutsu@city.imizu.lg.jp