トップページ > くらしの情報 更新情報 > 犬の登録と狂犬病予防注射

くらしの情報

 

犬の登録と狂犬病予防注射

[更新日:2018年3月1日]

 犬の所有者には、狂犬病予防法により、生涯一度の犬の登録と毎年1回の狂犬病予防注射の接種、観察と注射済票の装着が義務づけられています。

狂犬病について(厚生労働省ホームページ)

 

犬の登録

 犬の登録は、環境課で申請してください。
 犬を飼われた日(生後90日以内の犬の場合は生後90日を経過した日)から30日以内に登録をお願います。登録時に鑑札を交付しますので、必ず首輪に付けてください。【登録手数料:3,000円】

犬の登録申請書

 委託動物病院でも犬の登録を行うことができます。

 狂犬病予防注射

 動物病院などで注射を受けたことを証明する書類を持参いただき、環境課で注射済票の交付を受けてください。【注射済票料:550円】

 市の集合注射会場もしくは最寄りの委託動物病院でも狂犬病予防注射の接種、済票の交付を受けることができます。

 ※毎年、3月2日より新年度の注射済票の交付が始まります。

・猶予制度について

犬の体調不良等により、一定期間もしくは生涯にわたり狂犬病予防注射を『猶予』される場合があります。

獣医師の判断で猶予された場合は、環境課に動物病院で発行される「猶予証明書」をご提出ください。 

飼犬が亡くなったとき

 亡くなった日から30日以内に死亡届を提出してください。

犬の死亡届 

飼主(所有者)に変更があったとき

市外へ引越しする場合

 市外へ引越しする場合や、市外の方へ犬を譲渡される場合は、射水市の鑑札を持って新しい住所地を所轄する市町村で手続きを行ってください。

射水市に転入した場合

 犬を連れて市外から転入した場合や、市外で登録済みの犬を譲り受けた場合は、旧住所地の市町村で交付された鑑札を持って環境課で申請してください。射水市の犬の鑑札と交換します。(登録手数料はかかりません。)
 旧市町村で交付された鑑札がない場合は、再交付手数料がかかります。【再交付手数料:1,600円】

飼い主や住所が変わった場合

 登録済みの犬について、飼い主の変更や射水市内で転居した場合は、環境課へ届け出てください。

犬の登録事項変更届

犬が迷子になった場合、迷い犬を保護した場合

 

飼い犬が迷子になった場合や迷い犬を保護した場合には、

高岡厚生センター射水支所(☎56−2666)及び射水市環境課(☎51−6624)までご連絡下さい。

 犬の散歩のマナー

犬の散歩はコミュニケーションやストレス解消のためなどの大切な行動です。

安全に楽しく散歩するためにも、次のマナーを守ることを忘れないよう心掛けてください。
■フンは必ず持ち帰りましょう。
 ○人の家の門付近や玄関付近での排泄は絶対やめてください。

 ○公園や空き地などでフンを埋めないでください。    ○道路側溝や用排水路に捨てないでください。

 ○オシッコをした場合は水で流しましょう。※水を入れたペットボトルを持ち歩くなど
■ノーリード(首輪・紐なし)はやめましょう。
 ○公道や公園で放し飼いをしないでください。
 ○しっかり躾けているからと、安心しないでください。

 ○人がいる場所で伸縮リードを使用する場合は短い位置でロックをかけてください

犬が人を咬んだ場合

万が一、犬が人を咬んだり、傷つけてしまった場合は厚生センターへの届出が必要です。

すみやかに下記へご連絡ください。高岡厚生センター射水支所:0766−56−2666 

※犬に関する苦情の大半は、飼主のマナーに関する苦情です。愛犬の躾は飼主の責任です。 正しく躾けて、マナーを守って散歩してください。

関連のリンク

富山県動物管理センター

高岡厚生センター射水支所

高岡厚生センター 迷い犬・猫情報

動物愛護管理法(環境省)

ペットの災害対策(環境省)

ペットの熱中症対策(とやま動物愛護HP)

お問い合わせ

市民生活部 環境課
所在地 〒939-0294 射水市新開発410番地1
TEL 0766-51-6624
FAX 0766-51-6656
MAIL kankyou@city.imizu.lg.jp