トップページ > くらしの情報 更新情報 > 新湊のさかな情報(令和元年7月号)

くらしの情報

 

新湊のさかな情報(令和元年7月号)

[更新日:2019年7月1日]

こちらでは、新湊漁港で多く水揚げされている旬のさかなを紹介しています。

旬のさかな

  

イワガキ

イワガキ
新湊といえばイワガキ。漢字では、岩牡蠣と書きます。
イワガキは、波消しブロックや防波堤などに着いて育つ二枚貝で、体長が10〜20センチと冬のマガキに比べて二回りほども大きくなり、肉厚でとろけるような食感が特長です。
資源保護のため、漁期は8月末まで。最盛期は6〜7月。

 

 シロエビ

211.JPG
シロエビ漁は底曳網で4月から11月にかけて行われます。
シロエビは深海に棲み、体長7〜8センチの透明で薄紅色したエビで、淡く透き通った姿から「富山湾の宝石」と呼ばれています。
新湊漁業協同組合・とやま市漁業協同組合・富山県漁業協同組合は、シロエビを地域ブランドとして「富山湾のシロエビ」の名前で地域団体商標登録しました。
シロエビは、相模湾や駿河湾にも棲息していますが、流通する、ほぼ総てが富山湾で水揚げされます。
天ぷらやかき揚げにして食べたり、むき身は刺身や寿司ネタになります。

 

 

 

 

その他よくとれているさかな

 

ガスエビ(トヤマエビ)

     
 トヤマエビ     トヤマエビは紅白の縞模様のある深海性のエビで、新湊ではガスエビ、その中でも大きなものをオオエビと呼んでいます。
富山県内ではボタンエビとも呼ばれています。
富山湾の水深200〜400メートルで小型底曳網やかご縄で漁獲されています。
ホッコクアカエビ(アマエビ)より大きくて身も固く、刺身や寿司ネタの他、煮物として食します。
       
       
     

アマエビ(ホッコクアカエビ)

ホッコクアカエビのことを新湊ではアマエビと呼びます。
地方により様々な呼び方があり、新潟県ではナンバンエビと呼ばれています。
新湊では11月から3月にかけて小型底曳網漁業で、6月から8月頃にかごなわ漁業で漁獲されます。
アマエビは、名前のとおり甘くとろみがあり、刺身で食べるのが最高です。
     ホッコクアカエビ3.JPG
       
       

 

バイ

     

 

バイ     バイにはいろんな種類がありますが、新湊では、オオエッチュウバイやカガバイという種類が多く獲れます。
刺身や酒蒸し、煮物などにして食します。
バイは、カニやエビと同じく、エサをいれたカゴを海底に沈め仕掛けにするかごなわ漁法で漁獲されます。
       
       
       


 

お問い合わせ

産業経済部 農林水産課
所在地 〒939-0292 射水市小島703番地
TEL 0766-51-6677
FAX 0766-51-6692
MAIL nourinsui@city.imizu.lg.jp