トップページ > くらしの情報 更新情報 > 自噴井戸の保全

くらしの情報

 

自噴井戸の保全

[更新日:2011年12月15日]

自噴井戸とは

 地下水は、通常、ポンプなどの動力を用いて地下から汲み上げられていますが、動力を使わなくても地表より高く地下水が噴出し、絶え間なく湧き続ける井戸があります。これを「自噴井戸(自噴井)」と呼びます。
県内には、約3,000本の自噴井戸があり、市内には約140本の自噴井戸があるといわれています。

 

自噴井戸の節水にご協力を!!

 自噴井戸は一旦設置すると、絶え間なく地下水が湧き出し続けます。必要な時に水を出す水道とは異なり、自噴量は相当な量になり、生活用水に使用されている地域でも大半が使用されずにそのまま放流されています。
 地下水は無限ではなく、いつまでも湧き続けるとは限りません。自噴井戸の所有者の皆さんが、「もったいない」の精神で自噴井戸保全及び節水の取組みにご協力をお願いします。

関連のリンク

自噴井戸保全対策について(富山県のホームページ)

お問い合わせ

市民生活部 環境課
所在地 〒939-0294 射水市新開発410番地1
TEL 0766-51-6624
FAX 0766-51-6656
MAIL kankyou@city.imizu.lg.jp