トップページ > くらしの情報 更新情報 > 人事制度・研修・福利厚生について

くらしの情報

 

人事制度・研修・福利厚生について

[更新日:2017年2月21日]

 職種

 行  政  企画立案、調査、折衝、会計、連絡調整業務等
 土  木  土木事業に関する企画、設計、施工管理等の専門技術業務等
 建  築  施設の設計、建設管理等の専門技術業務等
 電  気  電気設備等に関する設計、施工管理、保守管理等の専門業務等
 社会福祉士  福祉に関する専門業務等

 保健師  保健指導に関する専門業務等
 栄養士  保健予防、栄養指導に関する業務等
 保育士  保育園等における園児の保育、生活指導等
 消防士  消防業務等

 勤務条件

○給料(平成29年4月)
 行  政(上級) 大学卒 初任給(月額) 178,200円
 土  木(上級) 大学卒 初任給(月額) 178,200円
 保育士(中級) 短大卒 初任給(月額) 158,800円 
 消防士(初級) 高校卒 初任給(月額) 164,900円
 ※ 職務経験等がある場合は、上記の額に一定の基準で加算されます。

諸手当
 
通勤手当、住居手当、扶養手当などを条件に応じて支給

○昇給   年1回

○賞与(平成28年度実績)
 年間合計=4.3月分(6月、12月の2回に分けて支給)
 

○勤務地
 射水市役所  射水市新開発410番地1
 射水市役所大島分庁舎  射水市小島703番地
 射水市役所布目分庁舎  射水市布目1番地
 ※ 上記のほか、出先施設に配属される場合があります。

○勤務時間
 8:30〜17:15
 ※ 職種や職場によっては、上記以外となる場合があります。

○休日
 日曜日、土曜日、国民の祝日及び年末年始
 ※ 職場によっては、勤務日となる場合があります。

○休暇等
 年次有給休暇20日
 その他、夏期休暇、病気休暇、結婚休暇、出産休暇、子の看護休暇、忌引休暇などがあります。
 また、育児休業制度、育児短時間勤務制度、自己啓発等休業制度などもあります。

 研修職場環境1.JPG

 射水市では、人材育成基本方針をもとに、「行政のプロ意識」を持った職員の育成に積極的に取り組んでいます。 幅広い分野の業務を取り扱う市役所では、採用後10年間でおおむね3つの職場を異動することにより、様々な経験や知識を身につけ、職員の適性に応じた能力向上を図っています。 さらに、若手職員が政策立案の過程を学ぶ「いみず人財養成塾」や、市長等に自ら考えた政策をプレゼンテーションする「政策コンペティション」、県や自治大学校などへの派遣研修などがあります。

 福利厚生

○共済制度
 職員の共済制度は、富山県市町村職員共済組合が病気・ケガ・出産・死亡・休業又は災害に対して給付を行う「短期給付事業」、退職・障害又は死亡に対して年金又は一時金の給付を行う「長期給付事業」及び健康保持増進事業や住宅資金等の貸付けを行う「福祉事業」の3つの事業を行っています。

○公務災害補償
 職員が公務上の災害又は通勤による災害を受けた場合に、その損害を地方公務員災害補償基金が補償します。

職員互助会
 
職員の親睦団体である職員互助会では、人間ドックの利用助成や慶弔金の支給などを行っています。 また、文化・体育の各種クラブが活発な活動をしています。

お問い合わせ

企画管理部 人事課
所在地 〒939-0294 富山県射水市新開発410番地1
TEL 0766-51-6613
FAX 0766-51-6647
MAIL saiyo@city.imizu.lg.jp