トップページ > くらしの情報 更新情報 > 「クリスマス・クラッカー」(H24.12掲載)

くらしの情報

 

「クリスマス・クラッカー」(H24.12掲載)

[更新日:2012年12月27日]

「クリスマス・クラッカー」クリスマスクラッカー.jpg

 クリスマスは、もともとはイエス・キリストの誕生を祝うお祭りですが、その由来に関係なく、世界の各地でパーティーが行われるようになりました。日本でも、クリスマスには家族みんなでごちそうを食べ、クリスマスケーキを食べる家庭も多いと思います。

 イギリスでは、クリスマスのディナーには、おいしい食事に加え、人数分のクリスマス・クラッカーを用意します。このクラッカーは、食べ物でも紙ふぶきが飛び出すものでもなく、円筒状でカラフルな紙に包まれています。二人でそれぞれの端を引っ張ると、「パン」という小さな音とともに二つに分かれ、中から帽子とおもちゃと紙が一枚出てきます。

 帽子は紙でつくられた冠で、ディナーを食べるときに、大人も子どもも全員かぶります。この伝統が分からない人が初めて見たら、ばかばかしいと思うかもしれませんが、イギリス人は誰もはずかしがらず、喜んでこの帽子をかぶります。

 おもちゃは小さく安いもので、プラスチックでつくられたコマやホイッスル、動物などが一般的です。子どもが自分のおもちゃが気に入らなかったら、大人と交換します。

 紙には、冗談(クラッカージョーク)が書いてあります。日本の「オヤジギャグ」のように古臭いので、面白さを期待しないほうがいいです。ディナーでは、それらの冗談が順番に発表され、子どもはオチに笑い、大人は冗談をからかったり、自分が初めてその冗談を聞いた時のことを懐かしく思い出したりします。

 お金持ちの人たちなら、おもちゃではなくブランドのシルクスカーフや革財布が入っている高級百貨店ハロッズの豪華クラッカーを贈りあったり、ものを作ることが得意な人は、自分でクラッカーを作り、好きなものを入れたりします。でも、私がクリスマスにイギリスに帰るときは、やはり、昔からある普通のクラッカーが一番うれしいです。今年も楽しみにしています。

お問い合わせ

企画管理部 政策推進課
所在地 〒939-0294 射水市新開発410番地1
TEL 0766-51-6612
FAX 0766-51-6646
MAIL seisaku@city.imizu.lg.jp