トップページ > くらしの情報 更新情報 > 未熟児の養育医療ってなあに?

くらしの情報

 

未熟児の養育医療ってなあに?

[更新日:2018年4月1日]

未熟児の養育医療ってなあに?

 身体の発育が未熟なまま出生した乳児であり、正常児が出生時に有する諸機能を得るに至っていない未熟児を対象として、指定医療機関において入院治療を受ける場合に、その治療に要する医療費を公費負担することにより、医療の給付を行うものです。

 公費負担のほかに、世帯の所得税に応じて一定の自己負担が必要になりますが、射水市では、子ども医療費を助成していますので、自己負担はありません。

 

申請に必要な書類

1. 養育医療給付申請書(保護者が記入するもの)

2. 養育医療意見書(指定医療機関の医師が記入するもの)

3. 世帯調書(保護者が記入するもの)

4. 同意書

5. 印鑑

6. 健康保険証の写し(まだお子さんの健康保険証が発行されていない場合、加入予定の健康保険証のコピーでも可)

7. 世帯全員(世帯外であっても生計を一にしている方も含む)の個人番号カードあるいは個人番号通知カード

8. 本人確認できる書類(運転免許証など)

9. 所得税額等を証明する書類(※)(次のいずれかに該当する方のみ)
   (1)申請日が1〜6月の場合で、前年の1月1日に射水市に住民票のない方は「前々年分の所得税額を証明する書類」
   (2)申請日が7〜12月の場合で当年の1月1日に射水市に住民票のない方は「前年分の所得税額を証明する書類」
   なお、証明書類は世帯全員分(世帯外であっても生計を一にしている方も含む)が必要ですが、
   他の方の証明書類等で扶養されていることが明らかな方の分は不要です。

  (※)所得税額等の証明書等は以下のとおりです。
   @【給与所得のある方】
    ・源泉徴収票(年末調整をしているもの)
   A【確定申告を行った方(自営業・農業所得者等)】
    ・所得税の納税証明書・その1(税務署が発行)
     ※交付請求書の「証明を受けようとする事項」の源泉徴収税額にチェックが必要
    ・確定申告の控え(税務署の受付印のあるもの)
   B【年金受給の方】
    ・源泉徴収票(年金給付者が発行)
   C【収入のない方など】
    ・所得課税証明書

 

手続き

子育て支援課児童福祉係で受付しています。

申請が承認されますと、子育て支援課から保護者と医療機関へ養育医療券を送付いたします。

 

リーフレット

「未熟児の養育医療ってなあに?」

お問い合わせ

福祉保健部 子育て支援課
所在地 〒939-0294 射水市新開発410番地1
TEL 0766-51-6629
FAX 0766-51-6660
MAIL kosodate@city.imizu.lg.jp