トップページ > くらしの情報 更新情報 > 防災訓練「自主防災組織@」

くらしの情報

 

防災訓練「自主防災組織@」

[更新日:2016年2月2日]

 災害は前触れもなく、突然起こります。普段の生活の中で経験したことのない状態となり、誰もがパニックに陥ります。
 そうならない為に、日ごろから地域・職場・学校などの防災訓練に参加し、災害時の行動を確認しておくことで、
少しでも落ち着いた行動を取れるようにしておきましょう。
 
 ここでは、市内で行われている防災訓練をいくつかご紹介します。
 
 

防災訓練 【自主防災組織@】

 ・団体名  中太閤山まちづくり地域振興会自主防災会
 ・実施日  平成27年7月5日
 ・参加人数 180名
 ・災害想定 呉羽山断層帯を震源とする地震

 ・訓練概要
  中太閤山地区では、地区全体の訓練を4年ごとに行っている。全体訓練以外では、住民が地域のことをより理解できるよう、
 災害図上訓練DIGやHUGを行ってきた。平成27年度は今までの図上訓練を生かした実動訓練となった。

 ・訓練内容
  8:00 地震発生(震度7)
       ・消防分団の消防車が中太閤山地域を巡回(警鐘、「訓練」連呼)

  <発災後、各自・各町内会での対応>
  8:00 自宅内部・外回りの点検確認(電気・ガス・水道のライフラインの停止)

  8:15 隣近所(各班)の状況確認
       ・家の外へ出る際は必ず電源ブレーカーを落とす(通電火災防止の為)
       ・ガス・水道の元栓を閉める
       ・町内の集会所等に集まり、町内会長を中心に安否確認を行う

  8:30 役員 コミュニティセンターへ集合
       ・点呼(安否確認)が終わったらヘルメットを着用して避難所(中太閤山小学校体育館)へ移動

  9:00 各町内会長・住民 町内の集会所等から、避難所へ移動
       ・各町内会長及び住民10名程度
       ・あらかじめ町内で決めたルートを通って移動

  <避難所(中太閤山小学校体育館)での対応>
  9:30 避難者の受付
       ・町内ごとに、避難者の受付を行う
       ・各町内の安否確認状況、被害状況を報告する
       ・受付終了後、各町内ごとに集合(プラカード有)
       ・「介護者」「負傷者」「妊婦」役を決める(貼り紙で表示)

  9:30〜避難所の運営
       ・避難所に集合した人から、「避難所間仕切り」を設置する
       ・非常食の準備、配布(カセットコンロを使ったアルファ米の調理)

 10:00 防災講話

 11:20 自主防災会長への集計報告・終了

    自主防@-1.gif  自主防@-2.gif

    自主防@-4.gif  自主防@-3.gif

 ・訓練実施後の成果と課題
 今回の訓練の重点事項は、避難ルートの確保と安否確認であった。町内会ごとに事前に避難ルート
を考え、実際にそのルートを使って避難した。さらに、参加者の一部には、負傷者や妊婦役をやってもらい、
避難することの大変さを実際に体験してもらった。
 安否確認は、普段からの声掛けや近所づきあいが無いと出来ない。今回は全住民の安否確認は出来なかったが、
次回の訓練では、より確実な安否確認が出来るようにしたいと思う。
 多くの住民に防災訓練に参加してもらうには、防災意識を高く持ってもらうことが重要だと再確認し、
平時から防災意識を啓発するような活動が必要だと感じた。

お問い合わせ

総務課 防災危機管理班
所在地 〒939-0294 射水市新開発410番地1
TEL 0766-51-6632
FAX 0766-51-6648
MAIL soumu@city.imizu.lg.jp