トップページ > 公共施設一覧 > 竹内源造記念館

公共施設一覧

 

竹内源造記念館

所在地 〒939-0351
富山県射水市戸破2289番地
TEL 0766-55-3288
FAX 0766-55-3288
交通アクセス JR北陸本線 小杉駅より徒歩15分
    自動車 北陸自動車道小杉ICより15分
竹内源造記念館
【竹内源造記念館】

施設概要

明治時代〜昭和初期に活躍した小杉左官の名工、竹内源造の鏝絵作品を収蔵・公開している施設です。
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合、翌日が休館)、年末年始(12/28〜1/3)

施設案内

 鏝絵とは、建物の壁や天井の装飾として、左官が壁を塗る鏝(こて)を用いて絵や模様を浮き彫りにしたもので、使用する材料から漆喰彫刻ともいわれています。
 竹内源造は、小杉左官の中でも卓越した技術と芸術性を持ち、県内外の土蔵や寺社、企業、役所等に数多くの作品を残しました。

 竹内源造記念館の建物は、木造2階建ての擬洋風建築で、昭和9年(1934)に小杉町役場として新築されました。
 屋根は寄棟造ですが、正面入口の上部に切妻屋根を設けることによって作り出されたペディメントには、半円形の欄間に源造制作の鏝絵「アカンサス(ハアザミ)模様」を施し、正面性を強調した造りとなっています。1階は旧窓口で、現在は正面に源造の最高傑作とされる鏝絵「双龍」を移設展示しています。2階は旧議場で、中心には「鳳凰」をあしらった装飾の美しい奉掲所があります。

 隣接する体験棟で、鏝絵作りや漆喰を使った工作などの体験教室を定期開催しています。(教室の内容・日程は右記「イベント」コーナーで随時ご案内しています)

 1階交流室及び鏝絵制作室を研修等で使用することができます。詳細は当館までお問い合わせください。使用申請様式はこちら

鏝絵「鳳凰」
旧議場を飾った竹内源造作の鏝絵「鳳凰」
鏝絵「双龍」(部分)
竹内源造作の鏝絵「双龍」(部分)

光るシックイボール 

体験教室で手掛ける「光るシックボール」

シックイボール制作のようす 

光るシックイボール 制作のようす

所在地(地図)

お問い合わせ

竹内源造記念館
所在地 〒939-0351 射水市戸破2289
TEL 0766-55‐3288
FAX 0766‐55‐3288
MAIL genzo-museum@po11.canet.ne.jp