トップへ戻る

絵図の閲覧


インターネットによる公開

 高樹文庫は、射水郡高木村(現射水市)に生まれた石黒信由以下4代による和算、西洋数学、測量術、 絵図作製、天文・暦学などに関する江戸時代後期の資料群です。全12,000点余の資料のうち、3,764点の 測量術と絵図作製に関連する資料が「石黒信由関係資料」として国指定重要文化財に指定されています。
 絵図資料は、加越能三州(現在の富山県・石川県)の広域図をはじめ、郡図、検地図、新開工事のための 現地測量図など多彩で、昔日の姿を知ることができます。

 平成27年4月6日から、絵図・測量の記録、測量器具など約600点の高精細デジタル画像を閲覧することが 可能になました。これまで不可能だった大型絵図の間近での閲覧や、お望みの資料をご自分で自由に検索いただける ようになります。

 会員登録、閲覧費用は一切不要です。また、特別なプラグインのインストールもありません。どなたでもお気軽に ご覧ください。


デジタル化の内容

 詳しくデジタル公開の内容を知りたい方はこちら。

  1 事業の概要と撮影の様子
  2 デジタル化の魅力(図書館総合展フォーラムの報告概要)
  3 検索・閲覧システムはどんなもの?
  4 公開発表会・記念講演会を行いました!
  5 正式公開が始まりました


 デジタル公開は、TRC-ADEAC(株)が運営するクラウドコンピューティングを利用しています。下のリンクをクリックすると 遷移する外部ページ(ADEAC)でご覧いただけます。

絵図の閲覧

 本事業(高樹文庫「石黒信由関係資料」デジタル化事業)は、公益財団法人図書館振興財団の平成24年度の 提案型助成を受けて実施しています。



Copyright(C)2014 by Imizu City Shinminato Museum