館蔵 石黒宗麿展

2010年2月5日(金)〜2月21日(日)



 射水市久々湊出身の陶芸家、石黒宗麿の作品74点を展示し、紹介しています。
 人間国宝の制度ができた昭和30年、4人の陶芸家が第1回の人間国宝に認定されました。宗麿はそのうちの1人です。
 京都八瀬を拠点に昭和43年75歳で亡くなるまで、多種多彩な陶芸に取り組みました。およそ千年前の中国、宋の時代の焼きものに 魅せられ、木葉天目、千点文などの再現に成功します。
 しかし、それにとどまることなく、次から次へと新しい技法に挑戦し、独創的でしかも気品あふれる作品を数多く生み出しました。





Copyright(C)2006 by Imizu City Shinminato Museum