トップページ > くらしの情報 更新情報 > 水道施設の耐震化状況についてのお知らせ

くらしの情報

 

水道施設の耐震化状況についてのお知らせ

[更新日:2018年1月9日]

水道施設の耐震性能、耐震性能向上に関する取組状況の提供について

  平成23年10月3日に「水道施行規則の一部を改正する省令」が公布され、水道事業者が水道需要者に対して、水道施設の耐震性能及び耐震性の向上に関する取組等の状況を、毎年一回以上情報提供することが義務付けられたことから、射水市の水道事業の状況及び取組みについてお知らせします。

 安心・安全で安定的な給水を行うために、施設の整備を推進しています

  射水市水道事業では、延長約735qに及ぶ水道管を健全な状態で維持し、安定的な給水を確保するため、これまで老朽管の更新を積極的に進め、管路の耐震化率の向上に努めてまいりました。
  また、主要施設の整備については、計画的な耐震化・更新を進めてきたところ、平成26年度に布目配水場の耐震化工事が終了したことから、全ての浄水施設の耐震化率が100%となりました。今後も引き続き、主要施設の長寿命化及び更新工事を計画的に実施し、事故・災害に強い強靭な施設づくりに取り組みます。

 水道施設・基幹管路の耐震化状況について

  射水市の水道施設の耐震化状況(平成28年度末)は以下のとおりです。

項  目  耐 震 化 率 算 出 方 法
浄水場耐震化率 100.0% 耐震性のある浄水施設能力/全施設能力
ポンプ場耐震化率   37.6% 耐震性のあるポンプ場施設能力/全施設能力
配水池耐震化率   98.5% 耐震性のある配水池容量/全配水池容量

   射水市の基幹管路※1の耐震化率(平成28年度末)は以下のとおりです。

項  目 耐 震 化 率 算 出 方 法
導水管耐震化率 95.1% 導水管のうち耐震管の延長/導水管総延長
送水管耐震化率 83.5% 送水管のうち耐震管の延長/送水管総延長
配水本管耐震化率 77.5% 配水本管のうち耐震管の延長/配水本管総延長
基幹管路耐震化率 78.8% 導水・送水・配水本管の耐震管の延長/基幹管路総延長

※1 基幹管路とは、水道施設にとって重要な管路であり、導水管・送水管・配水本管をいいます。(射水市では口径300o以上の配水管を配水本管としています。)

お問い合わせ

上下水道部 上下水道業務課
所在地 〒934-0048 富山県射水市布目1番地
TEL 0766-84-9641
FAX 0766-82-2907
MAIL gyoumu@city.imizu.lg.jp