トップページ > くらしの情報 更新情報 > 射水市学校等のあり方について

くらしの情報

 

射水市学校等のあり方について

[更新日:2017年6月7日]

射水市学校等のあり方について

 児童生徒が集団の中で、多様な考えに触れ、認め合い、協力し合い、切磋琢磨することを通じてひとり一人の資質や能力を伸ばしていくという学校の特質を踏まえ、小・中学校では、一定の集団規模が確保されていることが望ましいものと考えられています。

 各市町村においては、国の学校規模の標準や通達、手引き等を参考にしながら、それぞれの地域の実情に応じて、学校規模の適正化や適正配置に係る検討を行ってきたところです。

 文部科学省では、近年の少子化の進展等により、公立小・中学校の適正規模・適正配置等に関する手引きを策定しました(平成27年1月27日)。

 本市では、これまでも学校等のあり方を検討し(平成22年12月報告書提出)、学校の統合等子どもたちにとって望ましい教育環境を整えてきました。将来的に見ると、小・中学校の児童生徒数は、減少が見込まれることから、この手引きに照らしながら教育環境を調査・検討していく必要があります。

射水市学校等のあり方検討委員会

公立小学校・中学校の適正規模・適正配置に関する手引きの策定について(文部科学省)

平成29年度以降の児童生徒数の推計について

お問い合わせ

教育委員会 学校教育課
所在地 〒939-0294 射水市新開発410番地1
TEL 0766-51-6635
FAX 0766-51-6662
MAIL gakkou@city.imizu.lg.jp