トップページ > くらしの情報 更新情報 > 射水市放課後子ども教室・土曜学習推進事業について

くらしの情報

 

射水市放課後子ども教室・土曜学習推進事業について

[更新日:2017年7月24日]

射水市放課後子ども教室・土曜学習推進事業とは? 

 放課後や週末における子どもたちの安全安心な活動場所を確保し、地域の方々の参画を得て、さまざまな体験・交流活動を行う教育委員会の事業です。
 この事業を通じ、子どもたちが地域社会の中で、心豊かで健やかに育まれる環境づくりを目指しています。
 

事業のしくみ

 射水市内の全15小学校区において、放課後子ども教室または土曜学習推進事業を行っています。 各教室には、さまざまサークルがあります。
 活動場所は、小学校の余裕教室、コミュニティセンター等を利用しています。

 放課後子ども教室・土曜学習推進事業では、約200名の地域の皆さんが教育活動推進員として参加され、活動の企画や指導、見守り等を行っておられます。
 また、保護者との連絡調整、活動場所の提供など学校やコミュニティセンターの協力もいただいています。
 地域・学校・行政が連携し、放課後子ども教室・土曜学習推進事業の取組みは進んでいます。

 平成29年度は放課後子ども教室・土曜学習推進事業併せて45サークルが活動を行います。

 

平成29年度の活動予定

◇◆放課後子ども教室・土曜学習推進事業サークル一覧◆◇

 教室名  サークル名
 放生津教室  ポッポ(読み聞かせ)、パソコン、まっつん(伝統芸能)、レッツ・スタディ
 新湊教室  なかよし絵手紙、チャレンジ(算数・国語)、卓球、㊏管楽器
 作道教室  茶道、ピッピ(読み聞かせ)
 片口教室  茶道、音楽、伝承遊び、花まる学習(算数)
 堀岡教室  漢字、パソコン、金管、ひばり(読み聞かせ)
 東明教室  茶道、お花、将棋、手品
 塚原教室  つやつや(おりがみ・軽スポーツ・簡単な工作等)、㊏茶道
 小杉教室  読書、茶道、スナッグゴルフ
 金山教室  学びパワーアップ(算数)、㊏わくわくチャレンジ(読み聞かせ、工作)、㊏茶道
 歌の森教室  ふれあい読書、おやつの森(クッキング)
 太閤山教室  ふれあい読書、スラスラスタディ(計算・漢字)
 中太閤山教室  ふれあい読書、スタディ(計算・漢字)、㊏囲碁・将棋
 大門教室  お話、お煎茶、子ども民舞
 下村教室  マリンバ
 大島教室  手話、たんぽぽ(読み聞かせ)、絵手紙、㊏Saturday English

 

放課後子ども総合プラン

  放課後子ども総合プランは、全ての就学児童が放課後等を安全・安心に過ごし、多様な体験・活動を行うことができるよう「放課後子ども教室」、「土曜学習推進事業」と「放課後児童クラブ(学童保育)」が連携することを目的としています。
 射水市では、学校関係者、教室推進員、クラブ支援員、行政関係者で構成される「放課後対策事業運営委員会」を設置し、意見交換や情報共有のため、年2回、委員会を開催しています。

放課後子ども教室・土曜学習推進事業のよくあるご質問 

   誰でも参加することができますか?
     
      各学校区のすべての児童の方が対象です。ただし、教室の各サークルによって
        対象学年が異なります。毎年4月〜5月頃に募集を行いますが、年度の途中でも参加することができます。

   毎日実施していますか?

      各サークルによって、曜日や回数が決まっており、実施期間は、おおむね6月〜2月です。
       サークルによっては週休日や長期休業中にも活動を行っています。

   放課後児童クラブ(学童保育)との違いはなんですか?

      放課後子ども教室・土曜学習推進事業
        →小学校の児童を対象として、児童及び保護者の意思により
        自由に参加できる「活動の場づくり事業」

       放課後児童クラブ
        →児童福祉法で規定された保護者が就業などの理由により、
        放課後の保育が必要な児童を対象とした「保育事業」


                       ※放課後児童クラブ  ※利用に関するQ&A

お問い合わせ

生涯学習・スポーツ課生涯学習係
TEL 0766-51-6637
FAX 0766-51-6663
MAIL shougaku@city.imizu.lg.jp