トップページ > くらしの情報 更新情報 > お子さんの発音が不明瞭だと感じたら

くらしの情報

 

お子さんの発音が不明瞭だと感じたら

[更新日:2017年9月7日]

 幼児ことばの教室に、お気軽にお電話ください。お子さんの状況に合わせた
アドバイスが受けられます。

 



 
 正しい発声を促すためには、唇や頬、舌の動きが関係しています。ここでは、
お家でもできる口周りの機能を高める遊びを紹介します。親子で楽しみながら
やってみてください。

 

吹く遊びと吸う遊び(口から息を出したり、吸ったりする練習) 

 

ストロー遊び

○冷たい飲み物はストローで飲みましょう。
○1本ずつ袋入りのストローの場合、袋を破った方からフッと吹いて飛ばし
 てみましょう。

  

 

しゃぼん玉遊び

○息の出し方を工夫して、しゃぼん玉をゆっくり吹いて大きく作ったり、06-1058_c.jpg  
  強く吹いてたくさん作ったりしてみましょう。

 

 

ガラスをくもらせてみよう

○息を“はぁ〜”っと出して、ガラスをくもらせてみましょう。
 絵を描いて遊ぶのも楽しいですよ。

 

ストローの魚釣り

○色紙で魚の形をたくさん切り抜きましょう。(大小20〜30個)
○ストローで息を吸いながら魚を釣りましょう。
 唇を閉じてしっかり息を吸いながら魚を釣ってね。
※これらの遊びを家族の人と競争しても楽しいですよ。

 


 

うがいや顔洗い(口周りの筋力や感覚を高める遊び)

 

うがい遊び

○プクプクうがいは、唇閉めてほっぺを膨らませたりすぼめたりしましょう。
○ガラガラうがいは、喉の奥に水をためて5秒を目安にうがいをしましょう。
○カ行・ガ行の発音が苦手な場合は、ガラガラうがいが効果的です。

 うがい

 

 

 

 

 

顔洗い

○朝起きたら水でプルプル顔を洗って、皮膚感覚を刺激しましょう。
 熱い・冷たいの感覚がわかるようになります。 
 

噛み噛み運動

○ご飯やおかずを食べるときは、いつもよりしっかり噛んでみましょう。
 消化もよくなり、あごの運動にもなります。

 


 

なめる遊び(舌先の動きをよくするための練習) 

 

ソフトクリーム

○アイスかソフトかで迷ったら、ソフトクリームにして舌を使ってなめてみましょう。
 クリームをたくさん舌ですくったり、長くなめたりすることで、舌先の運動になり
 
ます

 c-08-174.jpg 
 

 

 

米菓子(いりがし)遊び

○唇を舌先でなめてから、口の周り(左右上下)に米菓子をつけ、
 その米菓子を舌先で取って食べます。

 

 少しでもできたら、たくさん褒めてあげてください。つぎもやってみようという
意欲につながります。
 実際にどう遊べばよいか、具体的な遊びや方法を知りたい方は、気軽に
当教室までお問い合わせください。

 

お問い合わせ

幼児ことばの教室
所在地 〒939-0234 射水市二口1081番地
TEL 0766−52−7414
FAX 0766−52−7416