トップページ > くらしの情報 更新情報 > 特別障がい者手当について

くらしの情報

 

特別障がい者手当について

[更新日:2019年4月1日]

 精神又は身体の重度の障害により、日常生活において常時特別の介護を要する状態の方に手当が支給されます。
※ただし、障がい者本人または配偶者もしくは扶養義務者の所得により支給制限があります。

 対象者

20歳以上で次のすべてに該当する方
(1)施設に入所していない方
(2)続けて3か月以上入院していない方
(3)次の障害のいずれかに該当すると認定された方
 @別表1の@〜Fのうち、2つ以上の障害がある方
 A別表1の@〜Fのうち、1つの障害があり、加えて別表2のうち、2つ以上の障害がある方
 B肢体不自由で別表1のB〜Dのうち、1つの障害があり、それが特に重要であるために日常生活が極度に制限される方
 C別表1のEの障害で、特に絶対安静と診断された方
 D精神障害(知的障害・発達障害を含む)で別表1のFの障害で日常生活に常時特別の介護を要する方

別表1

@両眼の視力の和が0.04以下の方
A両耳の聴力レベルが100デシベル以上の方
B両上肢の機能に著しい障害を有する方、または両上肢のすべての指を欠く方、もしくは両上肢のすべての指の機能に著しい障害を有する方
C両下肢の機能に著しい障害を有する方、または両下肢を足関節以上で欠く方
D体幹の機能に座っていることができない程度または立ち上がることができない程度の障害を有する方
E前各号に掲げる方のほか、身体の機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度の方
F精神の障害であって、前各号と同程度以上と認められる程度の方

別表2

@両眼の視力の和が0.05以上0.08以下の方
A両耳の聴力レベルが90デシベル以上の方
B平衡機能に極めて著しい障害を有する方
Cそしゃく機能を失った方
D音声または言語機能を失った方
E両上肢の親指およびひとさし指の機能を全廃した方、または両上肢の親指およびひとさし指を欠く方
F一上肢の機能に著しい障害を有する方、または一上肢のすべての指を欠く方、もしくは一上肢のすべての指の機能を全廃した方
G一下肢の機能を全廃した方、または一下肢を大腿の2分の1以上で欠く方
H体幹の機能に歩くことができない程度の障害を有する方
I前各号に掲げる方のほか、身体の機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、または日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度の方
J精神の障害であって、前各号と同程度以上と認められる程度の方

 

手当額

月額26,940円(平成31年3月まで)

月額27,200円(平成31年4月から)

(参考)平成31年度特別障がい者手当等の手当額について→こちら

 

支給月

2月、5月、8月、11月


関連のリンク

特別障がい者手当、障がい児福祉手当を申請したいとき

お問い合わせ

福祉保健部 社会福祉課
所在地 〒939-0294 射水市新開発410番地1
TEL 0766-51-6626/0766-51-6670
FAX 0766-51-6658
MAIL fukushi@city.imizu.lg.jp