トップページ > 行政Q&A > 在外選挙制度について

行政Q&A

 

在外選挙制度について

カテゴリ 選挙   掲載日 2018年6月1日

ご質問 外国にいても選挙の投票ができるって本当?
回答

外国にいても「在外選挙制度」で国政選挙の投票ができます。

在外選挙制度:
満18歳以上の日本国民で、その住所を管轄する領事館の管轄区域内に住所を有する方(公民権停止をされていない方)は在外選挙人名簿に登録された場合、国政選挙の投票ができます。

在外選挙人名簿の登録方法は、2つあります。いずれの場合も、市民課で国外転出の届出をした後に申請します。

@出国時申請                                                                                 市役所で国外転出予定日(市民課での国外転出届出後に限る。)までに選挙人名簿の登録移転申請をし、外国に居住後、在留届を提出をする。

※射水市の選挙人名簿に登録されている方に限ります。本人又は代理人が申請できます。                                                  ※在留届は、最寄りの在外公館やインターネットで提出できます。居住後すぐに提出してください。                                                    

A在外公館申請(従来の方法)                                                                               申請者本人又は申請者の同居家族等が在外公館(大使館や総領事館)の領事窓口で登録申請をする。                                   

※当該区域内に居住してから3か月経過していない場合は、在外公館で3か月以上の居住を確認後、選挙管理委員会に書類が送付されます。                                      

お問い合わせ

選挙管理委員会事務局
所在地 〒939-0294 射水市新開発410番地1
TEL 0766-51-6640
FAX 0766-51-6648
MAIL senkan@city.imizu.lg.jp