トップページ > くらしの情報 更新情報 > 不活化ポリオ

くらしの情報

 

不活化ポリオ

[更新日:2019年4月1日]

不活化ポリオ予防接種について

【定期】平成24年11月より、三種混合ワクチンに不活化ポリオワクチンを加えた四種混合ワクチンが導入されました。これから予防接種をスタートする場合、単独の不活化ポリオワクチンを接種することは基本的にありません。

 

<どんな病気> 

ポリオは・・・「小児まひ」と呼ばれます。ポリオウイルスに感染すると100人中5〜10人は、かぜ様の症状があり、発熱を認め、続いて頭痛、嘔吐があらわれます。また、感染した人の中で、約1,000〜2,000人に1人の割合で手足の麻痺を起こします。一部の人には、その麻痺が永久に残ります。麻痺症状が進行し、呼吸困難により死亡することもあります。

 

<対象者・接種券等送付の時期>

生後3か月以上7歳6か月未満

予防接種券は保健センターで発行しています。母子健康手帳を持参のうえ、来所してください。

 

<接種回数・接種間隔>

初回 : 20日から56日の間隔をおいて3回接種
追加 : 初回終了後、12か月から18か月後に1回接種

 生ポリオ未接種の場合・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・不活化ポリオワクチンを4回接種

 生ポリオワクチンを1回接種済みの場合・・・・・・・不活化ポリオワクチンを3回

 生ポリオワクチンを2回接種済みの場合・・・・・・・不活化ポリオワクチンの接種は必要ありません

 

<ワクチンの種類>

不活化ワクチン   他の予防接種を受ける場合の間隔表(PDF)

 

<関連リンク>

厚生労働省HP(ポリオQA)

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/polio/qa.html


お問い合わせ

福祉保健部 保健センター
所在地 〒939-0241  富山県射水市中村38番地
TEL 0766-52-7070
FAX 0766-52-7071
MAIL hoken@city.imizu.lg.jp