トップページ > くらしの情報 更新情報 > 幼児教育・保育の無償化

くらしの情報

 

幼児教育・保育の無償化

[更新日:2019年10月1日]

 令和元年5月に子ども・子育て支援法の一部を改正する法律が成立し、令和元年10月から幼児教育・保育の無償化がスタートします。

 1 制度の概要

 幼稚園、保育所、認定こども園などを利用する3歳から5歳児クラスの子ども、 住民税非課税世帯の0歳から2歳児クラスまでの子どもの利用料が無料になります。

 2 対象施設・児童について


 〇対象施設
  保育所、認定こども園、幼稚園(子ども・子育て支援新制度移行)、幼稚園(子ども・子育て支援新制度未移行)、地域型保育、認可外保育施設

 〇対象児童
  0〜2歳児クラス:住民税非課税世帯の子ども
  満3歳(3歳になった日から最初の3月31日までにある子ども):幼稚園、認定こども園(幼稚園部)に在籍する子ども
  3歳児(年少)クラス〜5歳児(年長)クラス:すべての子ども
クラス年齢
 例1)3歳児クラスに在籍している子どもが4歳の誕生日を迎えた場合・・・翌年度の4月から4歳児(年中)クラス
 例2)2歳児クラスに在籍している子どもが3歳の誕生日を迎えた場合・・・誕生日より満3歳(2歳児クラス)で翌年度の4月から3歳児クラス

 3 各サービスの無償化の内容

 

(1)保育所・認定こども園(保育園部)を利用の方 <教育・保育給付認定の「2号認定」を受けている子ども>


 
・3歳児(年少)クラスから保育料が無料になります。
  (延長保育料、行事費などは、これまでどおり保護者の負担になります。)
 ・副食(おかず・おやつ等)費が施設での実費徴収になります。ただし、年収360万円未満相当世帯の子ども及び第3子以降の子どもについては、費用が免除されます。

 ※0〜2歳児クラスの子どもの保育料は従来どおりです。詳しくはこちらを参照ください。

(2)幼稚園(子ども・子育て支援新制度移行)・認定こども園(幼稚園部)を利用の方 <教育・保育給付認定の「1号認定」を受けている子ども>


 ・満3歳(3歳になった日から最初の3月31日までにある子ども)になった日から保育料が無料になります。
 ・年収360万円未満相当世帯の子ども及び第3子以降の子どもについては、副食(おかず・おやつ等)費が免除されます。
 (行事費などは、これまでどおり保護者の負担になります。)

(3)幼稚園(子ども・子育て支援新制度未移行)を利用の方 <教育・保育給付認定を受けていない子ども>


 ・就園奨励費補助は無償化開始に伴い終了します。
 ・満3歳(3歳になった日から最初の3月31日までにある子ども)になった日から保育料が無料になります。
 ・年収360万円未満相当世帯の子ども及び第3子以降の子どもについては、副食(おかず・おやつ等)費が免除されます。
 (行事費などは、これまでどおり保護者の負担になります。)
 ※ 市で確認した施設・事業のみ無償化の対象となります。確認した施設についてはこちらを参照ください。

(4)幼稚園の預かり保育を利用の方


 
・就労など保育の必要性の認定(施設等利用給付認定)を受けた場合、
   3歳児(年少)クラスから月額11,300円を上限
   満3歳(3歳になった日から最初の3月31日までにある子ども)で住民税非課税世帯は月額16,300円を上限
  として預かり保育の利用料が無料になります。
 ※ 保育の必要性の認定(施設等利用給付認定)については、こちらを参照
 ※ 市で確認した施設・事業のみ無償化の対象となります。確認した施設についてはこちらを参照ください。

(5)認可外保育施設等を利用の方 ※対象施設についてはご利用の施設にお問合せください


 ・就労など保育の必要性の認定(施設等利用給付認定)を受けた場合、3歳から月額3.7万円を上限として利用料が無料になります。
  ※保育の必要性の認定(施設等利用給付認定)については、こちらを参照
 ・0歳から2歳までの住民税非課税世帯の子どもは月額4.2万円までの利用料が無料になります。
 ・保育園、認定こども園(保育園部)を利用している子どもは無償化の対象外となります。
 ・幼稚園、認定こども園(幼稚園部)を利用している子どもはその施設が一定基準以上の預かり保育(平日8時間、年間200日以上)を実施している場合、無償化の対象外となります。
 ※ 市で確認した施設・事業のみ無償化の対象となります。確認した施設についてはこちらを参照ください。

お問い合わせ

福祉保健部 子育て支援課
所在地 〒939-0294 射水市新開発410番地1
TEL 0766-51-6629
FAX 0766-51-6660
MAIL kosodate@city.imizu.lg.jp