トップページ > くらしの情報 更新情報 > 介護サービスの利用限度額

くらしの情報

 

介護サービスの利用限度額

[更新日:2018年8月1日]

 介護保険では、在宅サービスの利用料は、要介護度ごとに上限が決まっています。利用者はこの限度額内で介護サービスを利用し、利用者負担割合に応じた自己負担額(かかった費用の1〜3割)を負担します。
 限度額を超えてサービスを利用した場合は全額自己負担となります。

 

要介護度 状態例 支給限度額
要支援1 ・ 障害のため生活機能の一部に若干の低下が認められ、介護予防サービスを提供すれば改善が見込まれる。 50,030円
要支援2 ・ 排せつ、入浴、洗顔、つめ切り、衣服の着脱などに一部介助が必要
・ 立ち上がりが不安定
104,730円
要介護1 ・ 要支援2の状態にある者であって、介護予防サービスの利用について、その理解が困難なほど認知機能が低下していて、認定期間内に状態の悪化が見込まれる 166,920円
要介護2 ・ 排せつ、入浴、洗顔、つめ切り、衣服の着脱などに一部介助又は全介助が必要
・ 自分では歩けない
196,160円
要介護3 ・ 排せつ、入浴について全介助のほか、洗顔、つめ切り、衣服の着脱などに全介助が必要
・ 自分で立ち上がりや歩行ができない
269,310円
要介護4 ・ 排せつ、入浴、洗顔、つめ切り、衣服の着脱などの全般について全面的な介助が必要 308,060円
要介護5 ・ 生活全般にわたって全面的な介助が必要 360,650円


お問い合わせ

福祉保健部 介護保険課
所在地 〒939-0294 射水市新開発410番地1
TEL 0766-51-6627
FAX 0766-51-6666
MAIL kaigo@city.imizu.lg.jp