トップページ > くらしの情報 更新情報 > 「限度額適用認定証」について

くらしの情報

 

「限度額適用認定証」について

[更新日:2017年10月1日]

「限度額適用認定証」、「限度額適用・標準負担額減額認定証」をご存知ですか。 

 入院時に、医療機関の窓口で「限度額適用認定証」、「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示することで、医療費の支払いが自己負担限度額までとなります。

●申請場所
 
保険年金課
●必要なもの
 
印鑑、本人確認書類(免許証等)
注意事項
 申請月の1日から適用になる限度額認定証を交付します。
 申請を行った被保険者が属する世帯の世帯主に、保険税の滞納があれば交付できません
 「限度額適用認定証」を医療機関窓口で提示しない場合は、従来どおり自己負担分(医療費の3割)を全額負担し、あとから保険年金課窓口へ申請することにより自己負担限度額を超えた分が支給されます。
 (→詳しくは「高額療養費について」をご覧ください。)

「自己負担限度額」について

 各世帯区分ごとの自己負担限度額は次のとおりです。(70歳未満の人の場合)

所得
区分
所得
要件
区分 3回目まで 4回目以降
(※2)

 

上位
所得者

所得(※1)が
901万円を
超える
252,600円
+(医療費−842,000円)×1%
140,100円
 所得が
600万円を超え、
901万円以下
167,400円
+(医療費−558,000円)×1%
93,000円

 

一般

所得が
210万円を超え、
600万円以下
80,100円
+(医療費-267,000円)×1%
44,400円
所得が
210万円以下
(※3)
57,600円 44,400円
 住民税
非課税世帯
35,400円 24,600円

(※1)総所得金額−基礎控除(33万円)
(※2)過去12か月以内に、同一世帯での支給が4回以上あった場合の4回目以降の限度額
(※3)住民税非課税世帯は除外

●70歳以上の人は、自己負担限度額が異なります。
 詳しくは「70歳以上の国保被保険者について」をご覧ください。

●限度額適用認定証の申請書のダウンロード
 →限度額認定証申請書.pdf

お問い合わせ

保険年金課 国保・年金係
所在地 〒939-0294 富山県射水市新開発410番地1
TEL 0766-51-6628
FAX 0766-51-6659
MAIL nenkin@city.imizu.lg.jp